Responsive image

MIZUとは


オリジナル・アクションスポーツ・ウォーターボトル・ブランド。
Mizuは使い捨てペットボトルやコップの廃棄物を削減してくれる革新的なリユーザブル・コンテナを提供するオリジナル・アクションスポーツ・ウォーターボトルブランドです。2008年にプロスノーボーダーのユシ・オクサネンによって設立され、Mizuはスケートボード、スノーボードにサーフィンといったスポーツへの情熱を共有する人間たちのコミュニティーに成長しました。Mizuファミリーはアクションスポーツ業界の重鎮や最も尊敬されるプロスノーボーダー、サーファーやスケートボーダーたちで構成されています。私たちはスポーツに対する情熱と私たちが必要とする海、山やパークといったフィールドに対するリスペクトの元に団結しているのです。私たちの使命は消費者にプラスチック容器とは異なるスマートなオプションを与え、彼らが外に出て、楽しみ、良い気持ちなることです。私たちのライフスタイルが私たちのインスピレーションです。環境に配慮した商品デザインと個性は私たちにとってとても重要なことなのです。
私たちはMizu Lifeで生きる。

なぜMizuなのか?


Mizuボトルを使用する4つの理由

1 環境保護
・毎年、500億本もの飲料用ペットボトルが生産されています。(アメリカ統計 MIZU USA 調べ)
・ペットボトルは日本では85%がリサイクルされていますが、逆に言えば15%はごみとなっています。この15%とは87,434トンものゴミです。(数値は、PETボトルリサイクル推進協議会HPより) また、アメリカでは5本中1本のペットボトルしかリサイクルされておらず、世界規模では10本中1本のペットボトルしかリサイクルされていません。(米国および世界についてはMIZU USA調べ)
・これはアメリカだけでも、毎年400億本ものペットボトルが海や埋め立て地に最終的に行き着いているということです。
・毎年ペットボトルを生産するのに1700万バレルの石油が使用されています。1700万バレルの石油は100万台の車を1年間動かすガソリンの量に相当します。(MIZU USA調べ)
・1つのペットボトルを作るのにペットボトル3本分の水が必要とされています。(MIZU USA調べ)
・プラスチックのリサイクル市場とは違い、鉄くずのリサイクル市場は巨大なものがあります。
・あなたが手にしているMizuボトルの25%の鉄が元々は冷蔵庫やその他鉄製品がリサイクルされたものです。


2 健康のため
・日本の水道水は、世界一といってよいほどのおいしくて安全です。この国で、ペットボトルの水を買う必要はあるのでしょうか? ・Mizuボトルの全ては食品用ステンレススティールから作られています。この18/8ステンレススティールは耐久性に優れ、洗浄が楽で対腐食性に優れています。ステンレススティールは飲み物に化学物質を転送させないので、とても安全です。プラスチックとアルミではそうはいきません。
・BPAは接着剤として使用される合成エストロゲンであり、ほとんどのプラスチックの透明度と強度を上げるために使われています。アメリカFDAはこのBPAが飲み物にしみ出すことで人間に健康上の悪影響を及ぼすと発表しました。
・使い捨てのペットボトルやコーティングされたアルミと違い、MizuボトルはBPAを100%含みません。
・多くのプラスチック、アルミ製品はBPAの代用品として何が使われているのか?どのような新しい化学物質が使われているのかはわかりません。そしてその化学物質が悪影響を及ぼすか否かはわからないのです。18/8ステンレススティール製ボトルはそれ以外の物質は使われていないということに注目してください。自分が何を購入しているのか分かった方が良くないですか?


3 コストパフォーマンス
【以下はアメリカ統計 MIZU USA調べです】

・アメリカでの統計ですが年間に一人当たり234本ものボトル入り飲料水を消費し、それを金額に換算するとおおよそ36,000円にのぼります。
・アメリカでの水道水のコストは約1リッター0.40円(日本での一例として1リッターあたり0.125円)と言われますが、ボトル入り飲料水の場合、1リッターあたり260円になります。
・ガソリンの金額はよく批判されますが、リッター当たりの価格は実はボトル入り飲料水の方が高いのです。
・MizuのM8ボトルは2,500円(税別)で一生使うことができます。


4 信頼のブランド
・Mizuは、最高品質の製品を生産し、それらをバックアップするためにライフタイムワランティーを提供しています。
・Mizuの評判は最高品質の商品を作る事に集中することで向上してきました。そしてこの姿勢が世界中の有名ブランドとのコラボレーションに繋がったのです。




CONTACT
かわしま企画(有)
〒078-8237
北海道旭川市豊岡7条4丁目3-12
TEL 0166-381-381
FAX 0166-31-3136

CONNECT
CONTACT
Facebook


Copyright (C) 2016 K-Planning,Inc.